インフルエンザにかかっている男の子

インフルエンザには、a型とb型があるのはご存じの方が多いと思います。ですが、どのような症状が出るのかをご存じですか?インフルエンザにかかってからものごとを考えるのは、とても大変なことです。かかる前から色々と知識をつけておきましょう!

インフルエンザと会社への通勤と添付文書のこと

インフルエンザにかかってしまうと、特に社会人の方の場合には、業務が忙しい時期にはとても辛い想いをすることがあります。

なぜならば、常に忙しい業務の仕事に就職している際には、周りの方々にとても迷惑になってしまうからです。
ただ、そうは言っても、一度インフルエンザにかかってしまうと、周りの方々にとてつもない影響力が出てしまうため、通勤することには制限がかかってしまいます。

とても厳格な会社である場合などには、インフルエンザが治った後でも、本当に会社に勤務、通勤をもう行っても良いのか?という医師からの診断書が必要となっており、添付文書として、上司に提出することが求められることがあります。

通常、インフルエンザが治れば、すぐにでも会社としては通勤をしてもらいたいものですが、もし、会社の中に妊婦さんなどがおられる場合には、妊婦さんにインフルエンザがうつってしまうと、お腹の中の赤ちゃんにも悪影響を与えてしまうため、そのために、このような医師の先生からの診断書と添付文書を提出することが、義務となっている会社などもあります。

インフルエンザの恐ろしいところは、感染力がとても強いことであり、例えば病院などの場合、精神科などで治療を受けている方々の中から、インフルエンザの患者さんが出てしまった場合には、病棟そのものが閉鎖されることがあります。
そのため、面会謝絶、このような形の措置がとられます。

これは、面会した人から、さらに社会に、どんどんと感染が拡大していくということを防ぐためであり、このように、インフルエンザの感染の拡大、拡大の大きさ、速さはとても恐ろしいものとなっています。

そのため、会社としても、可能な限り早く通勤してもらいたくても、このように、添付文書で安全が確認できるのかを、確かめたいケースがあるとされています。

上へ戻る