インフルエンザにかかっている男の子

インフルエンザには、a型とb型があるのはご存じの方が多いと思います。ですが、どのような症状が出るのかをご存じですか?インフルエンザにかかってからものごとを考えるのは、とても大変なことです。かかる前から色々と知識をつけておきましょう!

インフルエンザに感染して3日目でも水分補給をする

インフルエンザは、感染して2日目から3日目が一番ウイルスの量が多くなります。そのため、発熱後48時間以内に抗インフルエンザ薬である、タミフル、リレンザ、イナビルを使用しないと効き目が思うように現れません。また、インフルエンザの検査を行っても陰性となってしまうこともあります。
インフルエンザは、感染すると高熱が出て倦怠感や悪寒がひどいため、食事はもちろんの事、水分補給も難しいことがあります。ですが、体内から汗は出ている状態ですので、水分補給をしないと脱水症状を起こす危険性があります。ぐったりした状態がさらにひどくなるほか、意識障害が起こる可能性もあるので、こまめに水分を補給するようにしましょう。なお、水分を補給する場合は経口補水液かイオン飲料にします。経口補水液が飲みにくい場合は少量のレモン汁を加えても構いません。無理にたくさん飲もうとせず、少しずつゆっくりと取ることがポイントです。
適切な時期に抗インフルエンザ薬を使用した場合は、3日目には症状が軽くなり、起き上がることができますが、インフルエンザのウイルスは体内からいなくなったわけではありません。あくまで増殖を抑えているだけです。体が楽になったからといって、薬の使用をやめてしまうと再び体調が悪くなるので、飲みきるようにしましょう。
また、3日目になると、発熱は治り、今度は鼻水や咳が多くなります。この時期はほかの人に感染させてしまう危険性があります。外出はできるだけしないようにしましょう。また、鼻水を出やすくするためにも、水分補給は続けるようにします。
インフルエンザに感染した場合は、部屋の湿度を保つようにし、水分補給を心がけることが大切です。水分を補給することにより、汗も出やすくなり熱も下がりやすくなります。

上へ戻る